濃く太く長いまつげは女性の誰もが憧れるもので、今では殆どの女性がキレイな目元を実現するために使用していると言われています。
目力には必要なまつげですが、実は粗悪品も中には流通しています。
あまりにチープなまつ毛育毛剤や海外輸入品に関しては注意が必要です。
その注意点について紹介します。

まつ毛育毛剤で失明のリスクが!?

過去まつ毛育毛剤を使用して失明したという例はあるようです。
しかしまつ毛育毛剤はあくまで美容液ですから、目に入っても染みる、痛みを感じる程度でしかありません。
国内、国外でも認可をしっかり受けているメーカーのまつ毛育毛剤であればその心配は必要ありません。
一部の海外メーカーが無認可で販売しているものはリスクが高いと言えるでしょう。
ですからもし個人輸入などでまつ毛が伸びる!
などといううたい文句で販売されているものがあっても効果を期待してすぐさま手を出さないことが肝心です。
医薬品に使われている緑内障患者に使われるジマトプロストという成分が視力や眼圧低下を起こす、ドライアイが起こると言われている成分です。
医薬品ではないまつ毛育毛剤ではそのような成分は配合されていませんから、安心しましょう。

まつげ育毛剤であるビマストプロストは医薬品

まつ毛育毛剤とうたっているものでも、医薬品としてメーカーが売り出しているものは眼圧低下、目の違和感や乾き、腫れやくぼみが出るケースがあります。
また色素沈着や充血、かゆみなどもよくある副作用です。
元々緑内障患者の点眼薬として使われてきたもので、万が一目に入ってもそれほど心配する必要はないと言われています。
しかし万が一これらの副作用が出た場合は眼科へ行ったほうが良いでしょう。
まつ毛育毛剤を個人輸入して目の渇き、色素沈着は実際に頻繁に起きている副作用と言われています。

国内メーカーや国外メーカーで認可を受けたまつ毛育毛剤なら安心できますが、粗悪品や無認可のもの、海外メーカーで知らないものなどは信用しないほうが良いでしょう。
またまつ毛育毛剤の塗り過ぎにも注意が必要ですね。

 

 

home