コシやツヤを与えるまつ毛育毛剤ですが、使い方を間違えると副作用が出る場合があります。
これには気をつけたいものですね。
使い方をしっかり守って副作用を予防しましょう。

目に染みる程度の副作用

国産のまつ毛育毛剤であれば、天然由来の植物成分を使用しているものが殆どなので、目に重篤なリスクを負うことはまずありえないと言って良いでしょう。
ただ、目に入ってしまうと目に染みる、という副作用が起きるので、注意が必要です。
筆タイプであればアイライナーのように引くだけなので、あまり目に入ることはないようです。
ですがマスカラタイプのようなまつ毛育毛剤であれば、キワから塗っていくので、目に入る可能性があります。
その際に目に入って染みるという可能性はあります。
これはマスカラでも同じことが言えますから、まつ毛育毛剤を塗る場合は慎重に塗るようにしましょう。

副作用の原因は?

まつ毛育毛剤で副作用が出るものとしてはラティース、ルミガンなど医薬品のまつ毛育毛剤です。
このまつ毛育毛剤に含まれる成分としてビマトプロストというものがありますが、緑内障患者の治療薬として使用されているものです。
この成分は緑内障患者に使ったところ、その副作用としてまつげが長くなる、太くなる、濃くするという効果が見られたため、まつ毛育毛剤に使われることになったのです。
そのため医薬品であるまつ毛育毛剤を使う場合には注意が必要です。
できればマスカラタイプはやめて、筆タイプのアイライナーを引くタイプのまつ毛育毛剤を選ぶようにしましょう。
ルミガンやラティースを使用すると目がかゆい、充血や色素沈着などが出る可能性があります。
アイライナーを引いているように描いていても、目のキワが黒ずんでしまうというものです。
使用した個人の体質にもより副作用は出ますから、一概に必ず副作用が出るとは限りません。

国産のまつ毛育毛剤ならまず問題はないとされていますから、海外製のものを使うより国産のものを使ったほうが安全でしょう。

 

 

home